日本舞踊/うなぎ喜代川5代目ブログ

日本舞踊

達喜会 無事終了

こんにちは。喜代川です。

ゆうだち た.jpg

「達喜会」 会主 藤間達也先生 日本橋劇場

 

夕立

浄瑠璃 清元一太夫 清元左季太夫

三味線 清元美十郎 清元美一郎

 

無事終了いたしました。

お知らせする機会が少なかったにも関わらずお運びくださった皆様

誠にありがとうございます。

 

踊りの稽古は着物での生活やしぐさにも大変ためになっております。

これからも続けてまいります。応援どうぞよろしくお願いいたします。

 

今年で創業140年 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197

 初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

2人の息ぴったり・・・名作舞踊鑑賞会

こんにちは。喜代川です。

taftu.jpg

踊りの師匠藤間達也先生が紹介されました。

8月5日の読売新聞です。

記事;http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/trad/20130805-OYT8T00559.htm

 

国立劇場主催、8月10日土曜日 です。

たまに日本舞踊はいかがですか(^v^)

私もうかがいます。

 

うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197 店は通常通り営業いたします!

第75回 藤?会(とうようかい)

こんにちは。喜代川です。

 

kplkm.jpg  

okp.jpg

遅ればせながら。4月28日(日)に国立劇場にて踊りの舞台がありました。

師匠 藤間達也先生とお母様である藤間真起子先生主催の歴史ある会です。

私は長唄 水仙丹前を踊らさせていただきました。

かつらあわせのようすは こちら

 

IMG_0352.JPG

衣装は松竹衣装さん、かつらは東京演劇かつら、床山(=髪結い)は鴨治さん、

地方(=三味線と唄)は杵屋裕光先生・利光先生社中、という私にとっては本当に贅沢な会でございました。

 

お店が終わってからという遅い時間にも関わらずお稽古をしてくださった達也先生、

またともに励ましあって当日を迎えた同門の皆さま、支えてくださる皆様のおかげです。

 

踊りのお稽古では単に踊りのみならず、人としての礼儀や助け合う精神を学ばせていただいており

単に趣味ならず、商いに通じる部分も深く感じております。

これからも商売同様、お稽古にも続けていきたいと思います。

藤間達也先生;http://f-tatsuya.com/

うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197

かつら合わせ

こんにちは。喜代川です。

 

4月に国立劇場にて、日本舞踊のお稽古場の舞台があります。

昨日は「かつら合わせ」といって、かつらの台を自分の頭に合うようにつくっていただく日でした。

katura1.jpg

羽二重をする様子。Kさん。

 

熟練の職人さん方によって、みるみるうちに台が仕上がります。

katura3.jpg

頭の形というのは千差万別で、かつ同じ人でも時期によって微妙に変わるそうです。

よって、舞台ごとに台は作り直します。もちろん、役(髪型)によっても台は変わります。

人の顔立ちもそれぞれですが、「その人が一番きれいに見える」ように調整するというのが基本です。

本当に贅沢なことだと感じました。プロの技術にほれぼれしてしまいました。

 

dai.jpg

完成品。この状態はなかなか見れないですよね(^v^)

 

今日も皆様にとってよい1日になりますように。

うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197

日本舞踊協会公演

こんにちは。うなぎ喜代川です。

fukusa.jpg

踊りの先生がお出になるので、日本舞踊協会公演へいってまいりました。

国立劇場です。

休憩時間に売店でこんなかわいいお福さんに出会いました。一目ぼれです。

お福人形は縁起物のひとつで、3つの戒めがあると言われています。

大きな顔→広く世の中にでなさい、視野広く持ちなさい

小さな口→余計なことや悪口は言わない

低い鼻→天狗にならない

とっても穏やかな笑顔です

1階テーブル席におりますのでお越しの際はどうぞご覧くださいませ。

うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

日本舞踊 踊り初め 2013

こんにちは。喜代川です。

odorizome.jpg

日本舞踊のお稽古で、毎年恒例の踊り初めでした。

何名かで一緒に踊る曲があったにも関わらず、こんなにも多い番数です。

先生のお人柄です。

odorizome2.jpg

私は長唄「水仙丹前」を踊らせていただきました。

4月28日(日)国立劇場にてお稽古場の本舞台があります。

私もこの「水仙丹前」で立たせていただきます。

皆で一生懸命、楽しくお稽古に励んでおりますので

ご興味のあるかたはぜひお運びくださいませ。

うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

日本舞踊 浴衣浚い

こんにちは。喜代川です。

 

はながたみ.jpg

本日無事に日本舞踊の浴衣浚い会を終えました。

今回は清元「花がたみ」で出させていただきました。

浴衣でのお浚い会なので、流派である藤間の浴衣に自前の帯です。

 

お店が終わってからという遅い時間にも関わらずお稽古してくださった先生、

いつも情熱をもってお稽古に励んでいる同門の皆さま、

また今回一緒に組んだEさん、駆けつけてくださった皆様に感謝いたしております。

 

これからはお三味線の会に向けて練習に励みます。

またどうぞよろしくおねがいいたします。

 

うなぎ喜代川 5代目若女将

日本舞踊 下浚い

こんにちは。喜代川です。

 

今日は踊りの浴衣会の下浚い(したざらい)でした。

下浚い、とは本番と同じように通して行うリハーサルのようなものです。

 

お昼の営業が終わってから大急ぎで月島の社会教育会館へ。

相方さんも午前で半休をとってくださり、なんとが無事に終わりました。

shitazarai.jpg

体育館スペースにて。

 

今回踊らせていただくのは、清元の「花がたみ」という曲です。

普通は1人で踊ることの多いこの曲ですが、今回は珍しく2人での振りです。

扇を2枚つなげて蝶にみたてるところが華やかです。

 

本番まであと少しですが一緒に舞台に立たせていただくEさんとともにしっかりお稽古していきたいです。

 

うなぎ喜代川 5代目若女将

 

花形・名作舞踊鑑賞会

こんにちは。喜代川です。

 

h24-8buyouomote.jpg

昨日お昼休みを利用して花形・名作舞踊観賞会へうかがいました。

半蔵門の国立劇場です。

 

プロの舞踊家の先生方の素晴らしい芸を拝見し感動いたしました。

 

美しいものに触れる機会は大切にしたいです。

 

うなぎ喜代川 5代目若女将

« 着物 | メインページ | アーカイブ | 街のこと »

このページのトップへ