最新情報/東京中央区日本橋・浅草・銀座の老舗・評判の鰻屋

HOME > 最新情報

年末年始のお知らせ 2017・2018

いつもお引き立ていただきまして誠にありがとう存じます

年末 12月26日(火)「昼営業」 まで  ※売切御免 

年始 1月5日(金) ~ 営業いたします

何卒よろしくお願い申し上げます

休業期間中も便利なインターネットご予約で承ります 

一階テーブル席予約

https://reserve.resebook.jp/resty/webrsv/reserve_vacants/vacant/s014002201/2731/1201?cltid=s014002201&shop=2731

お座敷予約

https://reserve.resebook.jp/resty/webrsv/reserve_plans/plan/s014002201/2731?cltid=s014002201&shop=2731

創業143年 日本橋 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

「日本橋探検隊」月刊日本橋

こんにちは。うなぎ喜代川です

batch_22154145_1428565020574865_3690656716501658493_n.jpg

ただいま配付中「月刊日本橋」10月号に特集掲載いただきました。

豆女将誕生の特集です

このようにして日本橋に育ててもらっていくのだなと思うと羨ましくもありまた嬉しいです。

手前どもでも置いてあります。ぜひ記念にお持ちくださいませ

創業143年 日本橋 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

るろうに剣心 ジャンプスクエア

batch_collage.jpg

るろうに剣心、喜代川登場

お客様におしえていただきました。
現在発売中、ジャンプスクエア2017年10月号に喜代川登場しています。

作者、和月伸宏さんの奥さまで小説家漫画ストーリー作家の黒碕薫さんによる作品です。

お若いお客さまがいらしたのでどこで手前どもを知ったのかうかがったところ、おしえてくださいました。

※※※初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります※※※

お盆期間の営業のお知らせ

お盆期間も通常通り営業しております。 (日祝休み)

「ノンストップ」 フジテレビ

「ノンストップ」 フジテレビ 2017.07.31

20170807batch_collage.jpgのサムネイル画像

若女将が 新仔(しんこ)、ひね仔の違いについてクイズ形式で出題いたしました

スタジオでは出演者の皆さまに蒲焼をお召し上がりいただきました。

使っている器は、銅壺(どうこ)といいます。下にお湯を張り、蒲焼が冷めにくい工夫をされた、昔からの器です。手前どもではお座敷コースにて使用いたしております。

他にも、「う」の一文字でうなぎを表し、アイコン化で認知度をアップさせるという昔からのヒット戦略?の例として、喜代川のバス停表示もご紹介いただきました。

※※※初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります※※※

「日本橋でスタミナ料理」 ニホンバシーモ

18342544_1286407241457311_9112030105812945431_n.jpg 

18301777_1286407244790644_1859344465262286931_n.jpg

「日本橋でスタミナ料理」特集 ニホンバシーモ 2017.5月号

ご紹介いただきました

※※※初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります※※※

臨時休業のお知らせ 5月20日(土)

お客様各位

誠に勝手ながら 5月20日(土)は臨時休業とさせていただきます

何卒よろしくお願い申し上げます

うなぎ喜代川 店主

「ニホンバシ桜屋台」 日本養殖新聞

17796693_1250002088431160_2622521875374791095_n.jpg

先日の「ニホンバシ桜屋台」の様子を取り上げていただきました 日本養殖新聞

日本橋のうなぎ四天王 写真つきです

※※※初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります※※※

「東京の老舗ごはん」 ポプラ文庫

17155532_1213395232091846_2613349680792282134_n.jpg  17103709_1213395235425179_519027664380839146_n.jpg                             

「東京老舗ごはん」森まゆみ著 ポプラ文庫

喜代川 トップバッターで登場させていただきました。

森さんは1984年、下町ブームをつくった雑誌『谷中・根津・千駄木』を創刊、
2009年の終刊まで編集人を務められました。東京の下町を歩き回り、
庶民的な店での一杯を口腹、とされています。
本作は過去の作品の中から、明治時代に創業した店を選び再構成されています。

※※※初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります※※※ 

「旅の手帖」 交通新聞社

15401100_1114154462015924_3543360789296246308_n.jpg

15421026_1114154465349257_102087084195650021_n.jpg

「旅の手帖」 2017.1月号

「魅惑の老舗グルメ」にてご紹介いただきました
大人の江戸・東京めぐり、でございます

アーカイブ

このページのトップへ