小唄 千佳喜会 2012 夏/うなぎ喜代川5代目ブログ

HOME > うなぎ喜代川5代目ブログ > 小唄 > 小唄 千佳喜会 2012 夏

小唄 千佳喜会 2012 夏

こんにちは。喜代川です。

kouta.jpg

本日は二階のお座敷で小唄の会が催されました。

私もお稽古していただいています、千紫巳恵佳(せんしみえか)先生のお稽古場のお浚い会です。

お唄いになるお弟子さんの他に、大勢お客様もいらっしゃいまして30名近い大変賑やかな会になりました。

海外から通われているお弟子さんや、学生さん、会社の重役さんなど

様々な環境の方にお集まりいただきありがとうございます。

私が唄わせていただいたのは

夏の雨、と 柳橋から です。

~柳橋から小舟で急がせ 山谷掘り

 土手の夜風が ぞっと身にしむ衣紋坂

 君を想えば 会わぬ昔がましぞかし

 どうして今日はござんした そういう初音をききにきた~

「会わぬ昔がましぞかし」とは、素敵な響きだと思います。

小唄には心地よい響きの言葉がたくさんでてきますし、

そもそも、声を出して唄うということ自体気分がすっきりいたします。

お集まり頂きました皆様、ありがとうございます。

また次回も心より楽しみにいたしております。

少人数の小唄お浚い会 承ります

うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

< 二階お座敷について  |  一覧へ戻る  |  東京の友人を訪ねがてら美術館めぐり >

このページのトップへ