日本舞踊 下浚い/うなぎ喜代川5代目ブログ

HOME > うなぎ喜代川5代目ブログ > 日本舞踊 > 日本舞踊 下浚い

日本舞踊 下浚い

こんにちは。喜代川です。

 

今日は踊りの浴衣会の下浚い(したざらい)でした。

下浚い、とは本番と同じように通して行うリハーサルのようなものです。

 

お昼の営業が終わってから大急ぎで月島の社会教育会館へ。

相方さんも午前で半休をとってくださり、なんとが無事に終わりました。

shitazarai.jpg

体育館スペースにて。

 

今回踊らせていただくのは、清元の「花がたみ」という曲です。

普通は1人で踊ることの多いこの曲ですが、今回は珍しく2人での振りです。

扇を2枚つなげて蝶にみたてるところが華やかです。

 

本番まであと少しですが一緒に舞台に立たせていただくEさんとともにしっかりお稽古していきたいです。

 

うなぎ喜代川 5代目若女将

 

< 東京の友人を訪ねがてら美術館めぐり  |  一覧へ戻る  |  ストレッチングボード乗ってます >

このページのトップへ