第63回 日本橋くらま会 若女将出ます/うなぎ喜代川5代目ブログ

HOME > うなぎ喜代川5代目ブログ > 日本橋 > 第63回 日本橋くらま会 若女将出ます

第63回 日本橋くらま会 若女将出ます

こんにちは。うなぎ喜代川です。

12718079_483673395137888_4960990043187834508_n.jpg

毎年恒例 日本橋くらま会 の時節となりました

4月29日(祝・金) 三越劇場 開場正午 12時30分開演 入場無料

12472432_483673381804556_3978386365824566705_n.jpg

若女将出ます

長唄 俄獅子(にわかじし) 

唄 杵屋 勝真規
  杵屋 勝理恵

三味線
  杵屋 裕太喜   ← こちら
  杵屋 勝くに緒
  杵屋 勝壽

お囃子
  笛  望月 美紗輔
  小鼓 堅田 喜代実
  大鼓 藤舎 夏実
  太鼓 藤舎 清穂    ※敬称略

俄獅子(にわかじし)

江戸吉原の年中行事のひとつ「吉原俄」をモチーフにした曲
メロディ、唄、囃子ともに廓風情を十分お感じいただけるおもしろい曲です

作曲者である杵屋六三郎はこの曲をつくるにあたって吉原のなじみの花魁のもとへ入り浸った(!?)という通説もあります

この曲を選んだ理由は、

江戸らしい

華やか

まさに花のお江戸 日本橋くらま会!


と思ったからです

少し(というかかなり)きわどい内容を耳触りのいい掛詞で唄っているのも江戸の洒落を感じます
私を含めすべて女流での演奏です 見た目にも華やかな舞台にできるよう精いっぱい努めます

12924454_483673358471225_7041123642468683220_n.jpg

毎年満員御礼 大喜利は 白波五人男 稲瀬川勢揃いの場

手前ども若旦那も南郷力丸の捕手(とりて)として出演いたします

昨年のようすはこちら ⇒ https://www.unagi-kiyokawa.com/blog/2015/04/post-651.php

店にてプログラムをお渡ししております お声がけくださいませ

創業142年 日本橋 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります   

< 白魚の踊り食い  |  一覧へ戻る  |  テーブル席 8名様 例 >

このページのトップへ