2012年5月/うなぎ喜代川5代目ブログ

2012年5月

うなぎの名前の由来、蒲焼きの由来

うなぎは昔、天然うなぎの胸が黄色いことから「むなぎ」と呼ばれていました。その後「うなぎ」と定着しました。

うなぎは古くから日本人に食べられてきました。縄文遺跡の貝塚からうなぎの骨が出土しており、その他

数々の貝塚からうなぎの骨が出土していました。万葉集にもうなぎが登場します。

現在のように割く技術や蒸して脂を落とし、醤油、みりん、砂糖ベースのタレで焼くようになったのは

江戸後期の頃よりと言われています。江戸時代の初めの頃は醤油や砂糖類は高く庶民にはなかなか入ら

なかったようです。

「蒲焼き」の語源はいろいろ説がありますが、昔うなぎは筒切りにして串に刺して焼いて食べていました。

その形が植物の蒲(がま)の穂に似ていることから「蒲焼き」と呼ばれるようになったとされています。

第648回 三越名人会

こんにちは。うなぎ喜代川です。

お昼休みを利用して「三越名人会」へうかがいました。

IMG_4698.jpg

三越劇場です。日本橋三越さんの6階です。

こちらの「三越名人会」はなんと今回第648回だそうです。

発足は昭和25年。すでに故人になられた高橋誠一郎、久保田万太郎両先生の提唱でつくられたそうです。

「刹那刹那に消えていく名人たちの至芸を少しでも多く観、聴いておきたい」という志がもとになっているとのこと。その志が現在まで続いているとは、すばらしいです。

IMG_4368.jpg

三越劇場はつくりがレトロで、豪華でとても好きな劇場のひとつです。

長唄の諸先生方の演奏、また、中村壱太郎さんの舞踊などあり、とても素晴らしいひとときでした。

トリの「二人椀久」(三味線;杵屋勝国先生 唄:杵屋直吉先生)は、私の大好きな曲なので特に感激いたしました。

三越劇場では演劇のみならず、邦楽の舞台も多く開催されます。

とても素敵な劇場ですので、機会があればぜひ訪れてみてください。

御鑑賞の後は喜代川のうなぎもどうぞ(^_^) 夜は17時~営業いたしております。

日本橋三越さんから喜代川へはタクシー2メータ位でございます。

うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

日本養殖新聞が面白すぎる

こんにちは。喜代川です。

IMG_2147.jpg

今日はうなぎの業界新聞のご紹介です。

日本養殖新聞 です。

月3回(5、15、25日)の発行です。

うなぎについて、かなりディープに語られています。

わたくしは全く畑違いな環境から嫁いできたものですから、

まさか「うなぎ」についてこれほどまでに語られる内容があるとは思いもしませんでした。

昨今、ギリシャ情勢もうごめいておりますが、うなぎ業界も色々と(にょろにょろと!?)動いているようです。

うなぎ好きな方はもうご存知かもしれませんが、上記HP内にブログも載っていますので

ご覧になってはいかがでしょうか。こちらもまたディープです。

IMG_6441.jpg

うなぎ業界の一大イベント、土用丑の日!に向けて各うなぎ団体からのポスターもできたようです。

今年の土用丑の日は7月27日(金)です。

毎年夏は混み合いますので、御宴席のご予約はお早めにお願いいたします。

お待ちいたしております。

日本橋小網町 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

生の鰻は硬いのに焼くとどうして柔らかくなるのか

生のうなぎは味もなく匂いもせず、魚の中で最も硬く、ゴムと同じ硬さで噛み切れません。

しかし白焼や蒲焼に調理することで甘みと旨み、そして香ばしさが生じ柔らかくなります。

うなぎが硬いのは繊維タンパクであるコラーゲンが多いからです。このコラーゲンが加熱すると

水溶性ゼラチンに変成し肉が柔らかくなります。

それでうなぎを焼いたり、煮たり、揚げたりすると柔らかくなるのです。

 

023.JPGのサムネール画像

新ばし 東をどり 2012

こんにちは。喜代川です。

IMG_2857.jpg

お知り合いのお姐さんがお出になるので、新ばし 東をどり へ行ってまいりました。

今年で88回目だそうです。歴史がありますね!

3部あるなかの1部目にうかがったのですが、大入りでした。

日本橋を背景に、女将・大工・甘酒売り・夫婦万歳、が踊る、「日本橋」という踊りもあり

とてもお江戸らしくて華やかな舞台でした。うちの若旦那も楽しんでおりました。

幕間には芸者さんによるお手前も。

IMG_7177.jpg

新ばしは「江戸千家」のお師匠さんについているそうです。

IMG_5620.jpg

以前からあこがれていた天紅の御扇子を買ってもらいました←縁に紅が塗られていて色っぽい。

実は、フィナーレの時には黒の引き衣装にこの天紅の扇で全員勢ぞろいとなるのです。

それがとっても素敵で素敵で。

(舞台では踊り用の舞扇です。HPに少し写真が載っていましたので是非ごらんください)

新ばしの皆様、おめでとうございました。

東をどりは5月30日まで開催です。お江戸花街にご興味のあるかたはどうぞお運びくださいませ。

うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

郵便業界紙 「通信文化新報」 掲載

こんにちは。うなぎ喜代川です。

今日、日本橋小網町郵便局の局長がこんな新聞を持っていらっしゃいました。

IMG_9607.jpg

「通信文化新報」というものです。

どうやら、郵便業界の新聞です。

局長が寄稿なさり、先日ご出席いただきました披露宴の写真を掲載なさったそうです。

世の中には色々な業界新聞があるのですね。

IMG_5578.jpg

 ↑

こちら。

ちなみに岡本局長はこちら ↓

IMG_8988.jpg

小網町郵便局で会えるようです(^_^)

喜代川は小網町郵便局の裏、徒歩1分にございます。

お昼休みに郵便局で用事を足されたあとには、是非私どもにて出来たてのうなぎをお召し上がりくださいませ。

日本橋 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

菖蒲

こんにちは。喜代川です。

先日、テーブル席の絵を替えました。

IMG_0636.jpg

菖蒲(あやめ)です。

5月らしくて、とっても好きなお花です。

手前のお人形は若旦那が京都へ行った際のお土産だそうです。

写真を撮ったのが夜なので、ちょっと暗めですが、お昼はもっと明るく見えます。

いらした際にぜひご覧くださいませ。

うなぎ喜代川 5代目若女将

喜代川にいらっしゃるお客様の層 4パターン

こんにちは。うなぎ喜代川です。

本日は喜代川にいらっしゃるお客様の層です。

全体としては、お仕事関係のお客様のご利用が多いです

①平日お昼のテーブル席:近隣の企業の方の御昼食。

スーツ姿の男性や、ネームカードを下げた女性のお客様が多くお見えになります。

20分~30分くらいでさっとお済ませになる方が多いのでお昼休みの御利用かと存じます。貴重なお昼休みの時間をいただいておりますので、できる限り迅速にうなぎをご提供できるよう努めております。

②平日お昼のお座敷:ミーティング、御接待を兼ねた御昼食。

やはりお仕事関係でのご利用が多いようです。

4~5名でご利用いただくことが多いような印象を受けております。

皆様でお顔を合わせて、ゆっくりとご利用いただけます。

③土曜日お昼のテーブル席:御家族

水天宮へのお参り後のような御家族もよくお見えになります。

お腹の大きな奥様と旦那様、また御両親と御一緒など。

最近はお若いカップルもお見かけすることが多いです。小網神社のお参り後でしょうか。

④土曜日夜のお座敷:御家族、男女お二人

ゆったりご利用いただけます。

==

以上はあくまでも「割合」です。お一人でお越しの方もいらっしゃいます。

ご利用のご参考にしていただければ幸いです。

日本橋小網町 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

東京パワースポット巡りには欠かせない 小網神社

こんにちは。喜代川です。

 

商売繁盛の御祈祷に、小網神社へうかがいました。

小網神社は私ども小網町の氏神様です。

koa.png

小網神社、といえば最近 「パワースポット」 として有名ですね。

日本橋七福神の一つで、古くから強運厄除として知られてきました。

先日公開の、東野圭吾原作 「麒麟の翼 -劇場版ー」 にも少し出ていらっしゃいました。

 

土曜日にお若いお客様が多かったのはもしかして小網神社のお参り後でしょうか??

 

喜代川は小網神社から徒歩数分でございます。

パワースポットと呼ばれる地でエネルギーをお上げになったあとに、

うなぎでさらに運もうなぎのぼり!?

皆様のお越しをお待ち致しております。

 

うなぎ喜代川 5代目若女将

浅草 三社祭

こんにちは。喜代川です。

 

浅草のうなぎ屋「初小川」さんにお声掛けいただき、若旦那とともに三社祭へおよばれしました。

 

IMG_7474.jpg

初小川さん前にて。

ずっと浅草住まいで、結婚式も浅草神社でお願いしたわたくしにとって、憧れの雷門半纏です。感激いたしました。(初小川の旦那さんは実は挙式にもひょろっと顔をだしてくださっていたのです。御近所ですね。)

IMG_2074.jpg 

雷門中部町会の重鎮がた。

三社祭は3つの神輿を各町内でリレーのようにまわしていきます。

町内から町内への引き継ぎの際は、我先にかつぐとばかりに血気盛んで。

それを怒り鎮めるのがこちらの重鎮がたのお役目。江戸の旦那衆、かっこいいですね。

同じく浅草のうなぎ屋「色川」さんの旦那もお見えでした。江戸っ子です!

 

IMG_7062.jpg

去年震災で延期だっただけあって、この盛り上がり。

ちなみに、今年は三社祭斎行700年という節目の年です。

 

IMG_7992.jpg

 

各町内をまわった後は、雷門前にて神輿をおろし3本締め。

その後、鳶の頭による木やり及び1本締め、で無事宮入りとなりました。

 

 

==

うなぎ屋に嫁いで分かったのですが、うなぎ屋さんどうしの結束は強いです。

昨今のうなぎ事情を鑑みましても、業界で協力して盛り上げ、

お客様へおいしいうなぎをご提供しつづけていきたいです。

 

IMG_3868.jpg

初小川さん大変お世話になりました。

 

うなぎ初小川

東京都台東区雷門2-8-4 (御予約がおすすめだそうです)

 

うなぎ喜代川 5代目若女将

日本橋三四四会

こんにちは。喜代川です。

今日はとてもいいお天気ですね。

もう浴衣を着て歩きたい気分です。

 

=============

昨日、テーブル席をご利用いただいたお客様から御質問いただきました。

これって、何て読むんですか?」 

               ↓

IMG_0461.jpg

               ↑

 

そうですよね。

読めないですよね。

 

こちらは「三四四会(みよしかい)」、と読みます。

 

私どもの所属している「日本橋料飲組合」の青年部の名前です。

何故この名前なのか若旦那に確認したところ、

昭和34年4月」、に発足したからだそうです。

だから「三四四会」。

(私は最初「みしし会」かと思いました。まさか「みよし」とは。)

 

ちなみに、私どもはもう一つ「久松料飲組合」にも属しております。

2つというのは非常に珍しいそうです。

なぜそうなのかについてはまた別のお話がありまして。またの機会に。

 

皆様、よい週末をお迎えくださいませ。

 

うなぎ喜代川 5代目若女将

うなぎの行動

こんにちは。喜代川です。

 

昨日の日経新聞夕刊にこんな記事がありました。

CA6WH6R0.jpg

 

海洋研究開発機構と東大が、7月に、グアム島周辺の太平洋の深海200メートル辺りで、

産卵直前および産卵時のうなぎの行動、を観察するという挑戦をするそうです。

 

そもそも、うなぎはその生態があまり明らかになっていません。

川魚ではありますが、産卵は海だそうです。今言われているのはフィリピン沖あたりだそうです。

つまり、フィリピン付近の海で生まれて日本の川へやってくる、という摩訶不思議な生き物。

でも、どこでどうやって産卵しているのかはまだ解明されていないそうです。

「うなぎ」は食としては身近なものですが、生物としては謎につつまれているのですね。

 

今回の調査の目的は、「絶滅の危機にあるうなぎの資源確保」とのことです。

全国のうなぎやさんの為にも、また学術発展のためにも、是非観察に成功していただきたいです。

今年の丑の日は7月27日(金)。

それまでに分かりますでしょうか、楽しみです。

 

うなぎ喜代川 5代目若女将

うなぎができるまで 喜代川のこだわり

うなぎができるまで

鰻は仕入れ、割き、串打ち、白焼き、蒸し、本焼きと工程をたどり重箱にはいってできあがります

 

鰻・・・・その時季に応じて産地を変え厳選された質の良い脂がのった活きのいい鰻を仕入れます

割き

saki1.jpg

 割き方が悪いと蒲焼にする時に照りが出づらくなるのできれいに割きます

中骨、向こう骨、尾びれ、背びれをきれいに取り除きます

串打ち

kushi.jpg    串は竹串、火力に負けない物を選び丁寧に串打ち

 

白焼き・・・・串を打った鰻を焼き台にのせ備長炭の火力の強さを見極めながら何度も皮と身を手返しをして

位置を変えます。まんべんなく鰻全体に火が通るように丁寧に焼きます

蒸し・・・・脂が落ちすぎないように大きさによって1尾1尾調整して蒸していきます

本焼き

004-thumb-240x240-251.jpg     毎日継ぎ足している秘伝のタレをつけ

火力の強い備長炭で焼きます

023.JPG    表面には香ばしいこげ目がつき遠赤外線効果で

中まで香り良く焼き上がります。「焼きは一生」と言われるほど熟練の技術が求められます

040-thumb-240x240-248.jpg   できあがりです

第123回 三越邦楽会

こんにちは。うなぎ喜代川です。

IMG_8272.jpg

お招きいただきまして、「第123回三越邦楽会」へうかがいました。

1953年発足の「三越素人名人会」から発展した歴史ある会です。三越劇場です。

小唄、長唄、清元、常磐津、など、ご出演の皆様は日ごろのお稽古の成果を発揮なさっていらっしゃいました。

素晴らしかったです。

社会で重要な役職を担う傍ら、このような和のお稽古事をお続けになるというのは素敵だと思います。

喜代川でも小規模のお浚い会の御相談を承ります。2階のお座敷にて、うなぎのコース料理をご利用いただけ

ます。ご興味のある方はお問い合わせくださいませ。

和のお稽古を応援いたしております。

創業140年 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

喜代川 肝焼き

12717285_466511256854102_5742616856238645850_n.jpg

うなぎの肝にはうなぎ同様栄養が豊富です

当店の肝焼きは1本に8個程の肝を使っております

うなぎ1尾に肝は1つしかございませんのでなかなか全ての皆様に提供することが難しいです

そこで肝焼きが食べたいというお客様は前もってお電話にてリクエスト頂ければ出来るだけお取りしておきます

日によってご用意できない場合もございますので何卒ご了承くださいませ

※ご提供できるのは≪平日夜と土曜日のみ≫です

創業140年 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

うなぎ屋の名前

こんにちは。喜代川です。

お店に出てから初めての休日です。

若旦那にマッサージへ連れて行ってもらいました。

90分もしてもらい、リフレッシュいたしました。

また1週間がんばります。

 

==========

今日はうなぎ屋の名前についてです。

 

先日、某雑誌の方に取材にきていただきました。

その中で、「喜代川、の名前の由来はなんですか?」と。

 

若旦那曰く、

「喜代川、の屋号自体は江戸時代の番付にも載っており、正直なところ定かではありませんが・・・」と前置きしたうえで、

「うなぎは川魚なので、それで”川”がついたのではないかと・・・」。

 

確かに、

渋谷松川、宮川(つきぢ、日本橋)、初小川(浅草)、前川(浅草)、色川(浅草)、神田川(明神下) ※敬称略

など、”川”のつくうなぎ屋さんは多いですね!若旦那に言われて、はっと気付きました。

 

各うなぎ屋さんの名前の由来を想像するのもおもしろいですね。

 

IMG_6230.jpg

 

お世話になっているA様からいただきました。ありがとうございます。

うなぎ喜代川 5代目若女将

うなぎグッズ

 

こんにちは。喜代川です。

今日は風が冷たかったですね。

強風の中お越し下さいましたお客様、ありがとうございます。

 

====

大女将から扇子をもらいました。

IMG_7275.jpg   

うなぎです。

昔、お客様からいただいたものだとか。

是非お店で使おうと思います。

喜んでお見せしますので、お声掛けくださいませ(^_^)

 

 

 

IMG_7546.jpg

 

お給仕道具、栓抜きも。

おそらく、つげの福良雀です。

ぷっくら丸くてかわいいです。

こちらも年季モノ。

 

喜代川では全てに年季が入っています(笑)

「あたしが来る前からあるのよ」By大女将、なものもたくさん。

お越しの際は外観、店内もお楽しみくださいませ。

 

皆様がよい週末を迎えられますよう。

 

うなぎ喜代川 5代目若女将

はかま

皆さま、「はかま」ってご存知ですか?

着物の袴、ではないです。

こちら。

IMG_3066.jpg

IMG_5577.jpg

お座敷でビールを入れるときの、このカポっとはいるやつ。

これを「はかま」と言うそうです。

ご存知の皆さますみません。わたくし、本日初めて名前を知りました。。

今日のお座敷は、大女将と一緒にあがりました。

ビールをつごうとしたら大女将に 「はかまと一緒に持って」と言われ

0.5 秒止まってしまいました(@_@)

はかまって? 何???

すかさずお客様が

 「はかま、って言われても知らないよねぇ(笑)」

と助け船をだしてくださいまして無事解決。

ありがとうございます。

ひとつ勉強になりました。

========

お店にいると、聞きなれない言葉をたくさん耳にします。

特に大女将。

、と言いますと?と聞き返すことばかりです。

そのうち、「大女将語録」を編纂しようかとも考えており、ただいまメモにて収集中。

しっかり聞きとっておかないと。イントネーションも含めて。

だって、

「そこの かぽっとしてるやつ 取って」と言われるのと

「そこの はかま 取って」 と言われるのでは風が違いますからね!

女将言葉を絶やさないためにもしっかり覚えておきます。

うなぎ喜代川 5代目若女将

学研 東京下町お散歩 掲載

こんにちは うなぎ喜代川です

学研さんから雑誌が届きました。

IMG_1905.jpg

5月24日発売です。

東京スカイツリーを始め、浅草、日本橋、人形町など下町の情報が満載。

ずっと浅草に住んおり、江戸好きな私にとってはたまらない内容です。

IMG_7331.jpg

同じ料飲組合のみなさまのお店もたくさん載っています。

全体のテイストがかわいらしいので眺めているだけでも楽しい気分になります。

カフェなどでおみかけのさいは是非お手にとってみてくださいね。

日本橋 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

「式が終わったら行きます」

こんにちは。うなぎ喜代川です。

本日は、結婚の準備で大変お世話になった方がお店にいらっしゃいました

実はその方は、「式が終わったら行きます」と何カ月も前におっしゃってくださっていました。

そしてなんと式の翌日にご予約のお電話をいただき、その2日後の本日、会社の方と一緒にご来店いただいたのです。さすが、と感動いたしました。

信頼が第一、のご商売をなさっている方です。

こういうところにお人柄が現われるのだなぁとつくづく尊敬いたします

勉強になりました。

どうぞこれからも末長くよろしくお願いいたします。

日本橋小網町 うなぎ喜代川 5代目若女将 ご予約. 03-3666-3197
初めての方は「ご予約に関して」をお読みいただくと助かります

初日

昨日はお店初日ということで、大女将について1日の動きを見させてもらいました。

お客様にお出しする前の、お重の準備など、手早くてびっくりいたしました。

鰻のご提供には何十分も時間がかかるものだと思っておりましたが、

立地上、証券会社など会社勤めのお客様も多く、貴重なお昼休みにお待たせするのは申し訳ないとのことで

出来る限りの工夫をしているとのことでした。

確かに、お越しいただいているお客様を拝見するとスーツ姿の方も多く、なるほどと思いました。

ひとつづつ勉強です。

うなぎ喜代川 5代目若女将

よろしくお願いいたします

はじめまして。

5代目若女将です。

一昨日披露宴を終え、本日よりお店に出ることになりました。

なにぶん分からないことだらけではございますが

これから大女将のもとで一から学んでまいります。

緊張、不安もありますが、これからの皆さまとのご縁を心よりを楽しみにいたしております。

引き続きうなぎ喜代川を御贔屓賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

CA924NNY.jpg

うなぎ喜代川 5代目若女将

ご報告

 

私事ではございますが昨日結婚しました。

若女将は明日から店にはいります。

これからも御贔屓賜りますようよろしくお願い申しあげます。

« 2012年4月 | メインページ | アーカイブ | 2012年6月 »

このページのトップへ